魔導書の神判と暗黒界の書物

《魔導書(まどうしょ)の神判(しんぱん)》

速攻魔法
このカードを発動したターンのエンドフェイズ時、
このカードの発動後に自分または相手が発動した魔法カードの枚数分まで、
自分のデッキから「魔導書の神判」以外の
「魔導書」と名のついた魔法カードを手札に加える。
その後、この効果で手札に加えたカードの数以下のレベルを持つ
魔法使い族モンスター1体をデッキから特殊召喚できる。
「魔導書の神判」は1ターンに1枚しか発動できない。

壊れと名高いLTGY新規の1枚。
手札の減らない魔法(もくじ、成金、一時休戦、etc…)と併用することで
容易にエンド時に手札を7枚以上確保出来る点から、

《暗黒界(あんこくかい)の書物(しょもつ)/Dark World Grimoire》

永続魔法
自分のエンドフェイズ時に手札枚数制限によって手札を墓地に捨てた場合、
その中にモンスターカードが含まれていれば1体のみ
自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。

と組み合わせることで、システィを経由し直接☆5以上の光or闇属性魔法使いをSSすることが出来ます。
特に恩恵を受けるのが《魔導冥士 ラモール》
枚数調整でサーチした魔導書を切ることで即全ての効果を使うことが出来ます。

また、暗黒界の書物本体もスノウを取引、門を経由して捨てることで魔法発動回数を稼ぎつつサーチ出来ます。
他にもクレイン、灼熱ゾンビを捨てることでループしたり等々。

欠点はエンド時SSな為即エクシーズが出来ないこと。
現状出来そうなのはエレメントの泉&ワームビーストで無限ライフ+ビッグバンガールでキル程度。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中