【SM/S1/2000達成】ドーブルバトン

smeargle   espeon   raichu-alola   typenull   krookodile   salamence-mega

サンムーンでもドーブルバトンでレート2000を達成出来たので記念にメモ.シーズン1,バンク解禁前環境のものではありますが,7世代でもドーブルバトンを使おうという方の参考になれば幸いです.%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a

ドーブル

  smeargle

  1. 性格
    臆病
  2. 特性
    ムラッ気
  3. 持ち物
    気合の襷
  4. 技構成
    挑発/コットンガード/小さくなる/バトンタッチ
  5. 実数値(努力値)
    131(4)-x-87(252)-x-65-139(252)
    BS振り
  6. 備考
    エレキ&ミストフィールドの存在,ダークホールの弱体化及び悪魔のキッスが未解禁であることから,催眠技を入れていた枠に挑発を採用.相手の挑発/呪い/滅び/吠えるを封じて勝つケースも多かったので使い勝手は良かったです.

    積み技は後述の麻痺撒きと相性の良い小さくなる+物理を起点にするためコットンガードを採用.途中までコットンの枠はキングシールドでしたが,小さくなる一本だとアシストパワー&つけあがるの威力上昇に不安が残ること,連続技への耐性に不安が残ったため変更しました.が,上を取られている相手にワンチャン残せないといった欠点もあるので一長一短.S上昇技が欲しいと感じたケースもあったので積み技は色々選択の余地がありそう.

エーフィ

  espeon

  1. 性格
    臆病
  2. 特性
    マジックミラー
  3. 持ち物
    白いハーブ
  4. 技構成
    瞑想/朝の日射し/身代り/アシストパワー
  5. 実数値(努力値)
    171(244)-x-82(12)-150-115-178(252)
    HS余りB
  6. 備考
    バトンエースその1.悪入りにはワルビアルorマンダを出すので,小さくなると相性が良い身代り採用のアシパワンウェポン型にしました.今回はドーブルがS上昇技を持っていないので最速仕様です.

ライチュウ

raichu-alola

  1. 性格
    臆病
  2. 特性
    サーフテール
  3. 持ち物
    エスパーZ
  4. 技構成
    アンコール/リフレクター/ほっぺすりすり/サイコキネシス
  5. 実数値(努力値)
    135-x-71(4)-147(252)-105-178(252)

    CS振り

  6. 備考
    起点作り役その1.よく初手で遭遇するコケコをZサイキネで確1にしつつ,ドーブルが催眠不採用な事から必要になった麻痺撒き及び壁貼りアンコで妨害と欲しい要素を全て持っていたので採用.挑発黒い霧持ちのレヒレや滅び持ちのアシレーヌも対面したらとりあえず引いてくれる…はずなので後続によりライチュウ瀕死→ドーブル出しの流れでドーブルがそれらと対面しなくても良い=対面で挑発を打たなくても良くなるのも期待しています.

タイプ:ヌル

  typenull

  1. 性格
    生意気
  2. 特性
    カブトアーマー
  3. 持ち物
    進化の輝石
  4. 技構成
    電磁波/吠える/蜻蛉返り/トライアタック
  5. 実数値(努力値)
    202(252)-103-137(172)-115-138(84)-67
  6. 備考
    起点作り役その2.今作で麻痺のS低下が1/2になったため,電磁波→後攻蜻蛉→ムラッ気発動の流れを作り易くなったのが採用の切っ掛けでした.他,イーブイやポリゴンZを始めとする積み技や身代りへの対抗策として吠える,マンムーやパルシェンに負担を掛けていけるトライアタックを採用.特にあまり読まれなかった吠える,化けの皮を潰せる蜻蛉返りの使い勝手が良かったです.また,フェローチェの膝やキングドラの雨Zドロポンレベルまで耐えられる耐久があるので、迷ったらとりあえず出すという感じで選出率は高めでした.
    努力値振りは特に思い付かなかったのでB<D振り.Aは王冠が足りず,Sも最鈍にするべきですが妥協しました.

欲を言えばゲンガーに打てるシャドーボールが欲しい…

ワルビアル

  krookodile

  1. 性格
    陽気
  2. 特性
    自信過剰
  3. 持ち物
    食べ残し
  4. 技構成
    挑発/身代り/ビルドアップ/つけあがる
  5. 実数値(努力値)
    193(180)-137-110(76)-x-90-158(252)
    H16n+1,最速余りB
  6. 備考
    バトンエースその2.こちらも小さくなると相性の良い身代り+まもみが滅び呪い封じに挑発を採用.挑発と地震で迷いましたが,大抵つけあがるの方が威力が上になるので挑発にしました.積みが不十分な状態を考慮するなら地震だと思います.
    こちらもドーブルの関係で最速仕様.

ボーマンダ

  salamence-mega

  1. 性格
    慎重
  2. 特性
    威嚇 → スカイスキン
  3. 持ち物
    ナイト
  4. 技構成
    身代り/龍の舞/羽休め/やつあたり
  5. 実数値(努力値)
    メガ前:191(164)-155-100-x-140(220)-136(124)

    メガ後:191-165-150-x-151-156
    H16n-1
    S+1で準速スカガブ抜き
    残りD

  6. 備考
    バトンエースその3.小さくなると相性が良い+最悪バトンが失敗しても全抜きの可能性があることから身代り羽休め型での採用.攻撃技はメタモン対策にやつあたりにしました.
    ムラッ気をトレースされて突破不可能になる可能性のあるポリ2や鉄壁持ちの可能性のあるヤドラン以外にはヌルと同様に迷ったらとりあえず出す,ということが出来るのも便利でした.

後書き

システム的な話ですが,今作では戦闘中に能力ランクが確認出来るのでムラッ気のカウント忘れが無くなったのが嬉しい点でした.

全体としては,高火力+必中のZ技,霰で襷潰し+必中吹雪持ちのキュウコン,初手の挑発ゲンガーや2番手以降に出てくるドーブルの上から挑発呪い滅びを打てるポケモンがつらいと感じました.また,シーズン2以降は減ると思いますが鈍感+吠える持ちのマンムー及びイノムーも挑発で封じられないため厳しかったです.クリアスモッグベトベトンは諦めました.

シーズン2以降は挑発ボルトを筆頭に厳しい相手も増えると思いますが,ドーブルバトンを使う方々の健闘をお祈りします.それでは,ここまで読んで頂きありがとうございました.

MVPは全試合選出のドーブルと吠えるで相手の積みバトンを数多く封じてくれたタイプ:ヌルへ

【ORAS/S14/2000達成】ドーブルバトン

smeargle   gardevoir-mega   espeon sableye   greninja   salamence-mega

S14において初めてレート2000を達成出来たので記念にメモ。これからドーブルバトンを組む方の参考になれば幸いです。

ドーブル

  smeargle

  1. 性格
    臆病
  2. 特性
    ムラッ気
  3. 持ち物
    気合の襷
  4. 技構成
    ダークホール/コットンガード/蝶の舞/バトンタッチ
  5. 実数値(努力値)
    157(214)-x-61(44)-x-65-139(252)
    B+3でA194メガガルーラの捨て身、A260メガヘラクロスのミサイル針確定耐え
    D+1でC222メガゲンガーのヘド爆+毒ダメージ確定耐え
  6. 備考
    蝶舞+バトンをベースに、胞子読みで出てくる草タイプに打つ為にダークホール+S操作から物理を起点にする為にコットンガードを採用。配分は積み技前提である程度追加効果も見られるような感じに。

サーナイト

gardevoir-mega

  1. 性格
    臆病
  2. 特性
    トレース → フェアリースキン
  3. 持ち物
    ナイト
  4. 技構成
    瞑想/眠る/いびき/アシストパワー
  5. 実数値(努力値)
    メガ前:159(124)-x-112(212)-145-135-134(172)
    メガ後:159-x-112-185-155-156
    メガ前S+1で130族抜き
    A146ファイアローの鉢巻ブレバ耐え
    B+3でA172メガクチートのじゃれつく確3
  6. 備考
    今回のバトンエースその1。USAMI☆PROJECT様のサーナイトを参考にしました。
    ゲンガナンス、クチート入りに出していくこと+とりあえず鉢巻ブレバ耐えを意識しての配分。
    特性トレース=採用理由であり、蝶舞1回でメガゲンガー抜きの調整と合わせて、メガゲンガーを上からの道連れを恐れることなく確1+影踏みトレースで滅びから脱出出来ることから、バトンパの弱点である滅びパに対してある程度抵抗することが出来ます。特に、守る/道連れ/滅び/シャドボのようなゲンガーであれば、ドーブルが襷を温存して後出し出来る為、後述のヤミラミを絡めて交代している内に非滅び状態のS+1&高火力アシパサーナイトを作って全抜きが狙えます。
    また、このパーティによく出てくるバシャーモの加速や、ドーブルのムラッ気を狙ったトレース持ちに対してトレースすることで、積みの状態が不十分なバトンからでもアシパの火力を自動上昇させそのまま全抜き、というパターンも多々ありました。

エーフィ

  espeon

  1. 性格
    ずぶとい
  2. 特性
    マジックミラー
  3. 持ち物
    食べ残し
  4. 技構成
    瞑想/朝の日射し/アシストパワー/マジカルシャイン
  5. 実数値(努力値)
    171(244)-x-116(204)-150-115-138(60)
    S+1で135族抜き
  6. 備考
    バトンエースその2。吠える持ちや先制アンコール持ち、ゲッコウガなどフェアリー技を即打ちしたい相手や高火力鋼技持ちがいる場合に選出します。
    追加効果による状態異常が非常につらかったので持ち物はラムでも良かったかも。

ヤミラミ

  sableye

  1. 性格
    陽気
    腕白
  2. 特性
    悪戯心
  3. 持ち物
    脱出ボタン
    後攻の尻尾(呑気のお香)
    ナイト
  4. 技構成
    挑発/怪しい光/重力orフラッシュ/叩き落とす
    挑発/トリック/怪しい光/岩石封じorメタルバースト
  5. 実数値(努力値)
    1. 155(236)-95-95-x-96(84)-103(190)
    2. 157(252)-95-121(116)-x-103(140)-x
    1はこちらの配分をお借りしました。

    2はA233メガバシャーモのフレアドライブ確定耐え

  6. 備考
    起点作り役その1。前述のサーナイトと合わせて対滅びを担ったり、メガヤミラミの存在からステロを撒かせにくくしドーブルの襷を温存するこの構築の重要なパーツ。

    挑発その他を封じる為の挑発+ノーリスクのラム潰し兼ドーブルの行動回数確保の怪しい光をベースに、脱出型はカゴの実を封じたり怪しい光と合わせてギルガルドを倒す為の叩き落とすを採用。4枠目はダークホールの外しをケアする重力や行動回数確保のフラッシュ等を試しましたが、S操作が出来ないこと、猫騙しの存在からガルーラ入りに出し辛いこと、バシャーモにフラッシュを打ち起点にしようとした場合に飛び膝外しから起点化阻止されること等から尻尾トリック型も使用しました。
    尻尾型はラムカゴ封じ+S操作のトリックに加え、当初はトリックの効かないメガ枠に打てるS操作として岩石封じを採用したり、メガバシャーモに出来ることを増やすためメタルバーストを採用したり。
    脱出型で蜻蛉ボルチェンを封じたり、尻尾トリックで鬼火読みで出てきたバシャウルガを起点にしたり、ナイトを持ったり鬼火を採用したりとコロコロ変えてました。

ゲッコウガ

  greninja

  1. 性格
    陽気
  2. 特性
    変幻自在
  3. 持ち物
    ゴツゴツメット
  4. 技構成
    挑発/撒菱/岩石封じ/ダストシュート
  5. 実数値(努力値)
    151(28)-115-117(236)-x-91-190(244)
    こちらの配分をお借りしました。
  6. 備考
    起点作り役その2。6枠目がステロを撒ける起点作り役3からバトンエース3になった関係でこのような技構成になっています。

    挑発その他封じの挑発+S操作とファイアローの安定処理の為の岩石封じ+積み技が追い着かずラム持ちの多いジャローダやマリルリ、寝言やいびき持ちのいるニンフィア、早急に処理したいエルフーンに打つダストシュートに加え、天敵の襷頑丈+ミラコや我武者羅持ちは基本浮いてないため、それを封じられる撒菱を採用。
    この撒菱が中々便利で、襷潰しに加え変幻自在と合わせた電磁波ボルチェン封じ、ゴツメや複数回撒きを絡めたステロ耐性持ち等へのアシパの確定数変化及び積み技を打つ回数の節約が行えるため、この構築においてはステロの代用として十分過ぎる程でした。

ボーマンダ

  salamence-mega

  1. 性格
    控え目
  2. 特性
    威嚇 → スカイスキン
  3. 持ち物
    ナイト
  4. 技構成
    眠る/いびき/大文字/ハイパーボイス
  5. 実数値(努力値)
    メガ前:191(164)-x-101(4)-178(252)-108(60)-124(28)

    メガ後:191-x-151-189-118-144
    H16n-1
    メガ前S+1で110族抜き
    C全振りで余りBD

  6. 備考
    バトンエースその3。ぼんさいの気まぐれメモ様のボーマンダを参考にしました。

    ポリゴン2やクレセリア等ドーブル+サーナイトの起点を誘ってもらう枠でもあります。ドーブルからの蝶舞バトンを生かせる+催眠封じの身代りを貫通出来ることから特殊型。
    メタグロスあたりへの確定数が変わるためC全振りとし、身代わり貫通のメインウェポンとしてハイパーボイス+鋼に打つ為の大文字に加え、サーナイトと同様に状態異常対策の出来る眠る+いびきを採用。
    主にオーロット、メタグロス入りや蝶舞1回しか積めなさそうな相手に対して選出します。しかし、自身が積み技を持たないことから、蝶舞を複数回積めない場合ムラッ気でCダウンやSダウンを引くことへのケアが難しい+コットンや蝶舞でBDを上げても4倍弱点を突かれると脆い為扱いが難しかったです。そのためこの枠はステロを撒ける起点作り役や鋼に強いウルガモス、単体で詰ませられる性能を持つメガラティアス、眠るいびき特殊ガルーラ等も試しましたが、あまり上手く噛み合いませんでした。

【竜剣士セフィラ】

モンスター(28枚)
星因士 デネブ×3枚
エフェクト・ヴェーラー×3枚
竜剣士マスターP
英霊獣使い-セフィラムピリカ
宝竜星-セフィラフウシ×3枚
覚星輝士-セフィラビュート×3枚
竜星因士-セフィラツバーン×3枚
オルシャドール-セフィラルーツ×3枚
竜魔王レクターP×2枚
秘竜星-セフィラシウゴ×3枚
竜剣士ラスターP×3枚

魔法(8枚)
増援
ハーピィの羽根帚
竜呼相打つ×3枚
セフィラの神託×3枚

罠(6枚)
狡猾な落とし穴
奈落の落とし穴
神の警告
神の宣告
セフィラの神撃×2枚

エクストラデッキ(15枚)
剛竜剣士ダイナスターP
メタファイズ・ホルス・ドラゴン
エンシェント・ホーリー・ワイバーン
オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴン
邪竜星-ガイザー
爆竜剣士イグニスターP×2枚
幻竜星-チョウホウ
外神ナイアルラ
昇竜剣士マジェスターP
No.39 希望皇ホープ
フレシアの蟲惑魔
外神アザトート
SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング
No.38 希望魁竜タイタニック・ギャラクシー

竜呼相打つでスケール5が確定で張れるようになったので採用しました。
スケール5+7→シウゴか1+5→フウシでシンクロorルーツでエクシーズをベースに、
ツバーンビュート/ガイザーイグニスターPで場の処理、神撃/フレシアタイタニック(チョウホウ地)で抑え込みを狙います。
他1キルを狙う際のメテオバーストエンホリアザトート、墓地回収用のピリカの有効活用にメタファイズ等。

【音響セフィラ】

モンスター(29枚)
星因士 デネブ×3枚
超電磁タートル
音響戦士サイザス
エフェクト・ヴェーラー×3枚
音響戦士ベーシス
音響戦士ドラムス
幽鬼うさぎ
英霊獣使い-セフィラムピリカ
音響戦士ギータス×3枚
宝竜星-セフィラフウシ×3枚
覚星輝士-セフィラビュート×3枚
竜星因士-セフィラツバーン×3枚
オルシャドール-セフィラルーツ×2枚
秘竜星-セフィラシウゴ×3枚

魔法(8枚)
増援
テラ・フォーミング×3枚
ハーピィの羽根帚
セフィラの神託×3枚

罠(3枚)
セフィラの神撃×3枚

エクストラデッキ
メタファイズ・ホルス・ドラゴン
クリアウィング・シンクロ・ドラゴン
邪竜星-ガイザー
輝竜星-ショウフク
スクラップ・ドラゴン
幻竜星-チョウホウ
神樹の守護獣-牙王
鳥銃士カステル
星守の騎士 プトレマイオス×2枚
サイバー・ドラゴン・ノヴァ
星輝士 セイクリッド・ダイヤ×2枚
セイクリッド・プレアデス
サイバー・ドラゴン・インフィニティ

神託(シンクロ)で超電磁トップ→神託(エクシーズ)で引いて墓地へ、の流れを目標に。

【浮鵺城(カーボネ軸)】

モンスター(29枚)
カーボネドン×3枚
クリバンデット×3枚
ペロペロケルペロス×3枚
マスマティシャン×3枚
異次元の一角戦士×3枚
巌征竜-レドックス
冥府の使者ゴーズ×3枚
混沌帝龍(カオス・エンペラー・ドラゴン) -終焉の使者-
カオス・ソルジャー -開闢の使者-
砂塵の騎士
ギャラクシーサーペント×2枚
ラブラドライドラゴン×3枚
ゾンビキャリア
A・ジェネクス・バードマン

魔法(11枚)
おろかな埋葬
死者蘇生
戦士の生還×2枚
増援
ソウル・チャージ
貪欲な壺
ハーピィの羽根帚
ブラック・ホール
闇の誘惑
異次元からの埋葬

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
獣神ヴァルカン
ブラック・ローズ・ドラゴン
蒼眼の銀龍
XX-セイバー ガトムズ
氷結界の龍 トリシューラ
浮鵺城×3枚
神樹の守護獣-牙王
虚空海竜リヴァイエール
ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン
幻子力空母エンタープラズニル×3枚

前回のカーボネ+一角戦士ベース版です。

【チャージトルーパー】

モンスター(18枚)
ヴォルカニック・カウンター×3枚
クリバンデット×3枚
ファイヤー・トルーパー×3枚
キャノン・ソルジャー
紅炎の騎士×3枚
星因士 シャム×3枚
超電磁タートル
焔征竜-ブラスター

魔法(11枚)
一時休戦
おろかな埋葬
強欲で謙虚な壺×3枚
戦士の生還
増援
ソウル・チャージ×3枚
炎王炎環

罠(11枚)
激流葬×2枚
レインボー・ライフ×3枚
強化蘇生×3枚
リビングデッドの呼び声×3枚

EX
ガガガガンマン
etc

トルーパーとシャムを計8回召喚するデッキ

カウンター、トルーパーあたりを落とせてシャムとブレハになれる紅炎の騎士、場に残ったシャムをダメージに変換しつつチャージに繋がるキャノンソルジャーを採用。
その他使い易めの蘇生系とチャージのコスト確保用カード、それらをサーチしつつ墓地も肥やせるクリバンデット等。

EXはガンマンを最優先にハートランドラコとか

【推理ライトレイver2.0】

モンスター(22枚)
ライトロード・サモナー ルミナス
フォトン・スラッシャー×3枚
ライトロード・ビースト ウォルフ×3枚
ライトレイ ダイダロス×3枚
ライトレイ ディアボロス×3枚
ライトレイ ギア・フリード×3枚
ライトロード・アーチャー フェリス×3枚
ライトロード・アサシン ライデン×3枚

魔法(12枚)
大嵐
ソーラー・エクスチェンジ×3枚
貪欲な壺
光の援軍
魔法石の採掘×2枚
名推理×3枚
モンスターゲート
Soul Charge×3枚

罠(3枚)
ブレイクスルー・スキル×3枚

エクストラデッキ
エンシェント・ホーリー・ワイバーン
ブラック・ローズ・ドラゴン
ライトロード・アーク ミカエル
炎魔竜 レッド・デーモン
閃珖竜 スターダスト
ガガガガンマン
輝光子パラディオス
セイクリッド・オメガ
No.101 S・H・Ark Knight
No.16 色の支配者ショック・ルーラー
武神帝-ツクヨミ
励輝士 ヴェルズビュート
セイクリッド・トレミスM7
No.11 ビッグ・アイ
神竜騎士フェルグラント

前回

 
通常召喚不可かつ蘇生制限の無いウォルフ、フェリスを推理ゲートソラエクで墓地に送りつつ、海外新規のSoul Chargeで一気に呼び戻してシンクロ、エクシーズを連打する形に。

ライフ支払いの関係でエンホリ絡みのワンキルが狙いにくい点、ここからクリバンデットを組込む際に推理との兼ね合いが面倒な点が悩み所。